趣味を極めるとヤフオク!でお金になる -昔話2-

趣味を極めるとお金になる

私の父の趣味は、ヤフオク!をすることです。

暇さえあればスマートフォンを使って、ヤフオク!で商品探しをしています。

そんな父が、聞いてもいないのに自慢をしてくることがあります。

たいていヤフオク!で入札があったときです。

「なあ、ちょっとこれ見てみ。(出品中の画面を見せてくる)」

「なにさ?おー、すごいね。8000円で入札されてるね。」

「な?すごいだろう!これいくらで買ってきたと思う?」

「んー、CDだから3000円とか4000円とか?」

「500円で買ってきた。」

「?!」

「しかも同じのもう一枚ある。」

「?!?!」

私の父はヤフオク!が趣味ですが、洋楽のCDを集めることも趣味です。

そんな父がブックオフに行くと、必ず洋楽のCDを買ってきます。

そして、買ってきたCDをまずパソコンに取り込んで、買ってきたオリジナルのCDはヤフオク!に出品します。

こうすることで、音楽を楽しみつつヤフオク!にも出品できるのです。

本当は現物を所有して、ブックレットや歌詞カードも見て楽しみたいが、たくさんの洋楽を聴くためにはお金が足りないらしく、仕方ないと言っていました。

出品を続けていると、まれにとんでもない金額で入札されるCDが出てきます。

「趣味を極めていくと、そういったCDにも出会うんだぞ」なんて言ってますが、確かにレコード時代からの趣味歴の長さなので、目が肥えているんでしょうね。

私が見ても良さは全くわかりませんが、趣味ってそういうものなんでしょう。

中古ショップには掘り出し物が多い

例えば、みなさまご存知のブックオフ

ブックオフには掘り出し物が多くあります。

ブックオフが扱うのは、洋楽のCD以外にも邦楽のCDや本、ゲームなどもありますし、店舗によっては洋服や靴、家具、家電などもあります。

ブックオフでは、休日にものすごい数の買い取りがありますが、その中にレア物やお宝が混ざっていることがよくあります。

買い取りの際に独自の査定基準があるので、たまにそういった掘り出し物が生まれるのです。

私のように洋楽に詳しくない人が見ても価値を見出だすことが出来ませんが、父のように洋楽に詳しい人は「こんなに安くて良いのか?お買い得だ!」と正しい価値を見抜くことが出来ます。

そういった商品は、ヤフオク!に出品すると高値で落札されるのです。

ある意味、商品を正しい価値に修正していますね。

自分の趣味はなんだろうか?

父は洋楽CD集めが趣味ですが、私には特にこれと言って趣味はありません。

強いてあげるならば、テレビゲーム全般とゲーム音楽CD集めでしょうか。

父も母もゲームは好きで、その影響からか、産まれたときからテレビゲームが家にはありました。

全くゲームをしない人よりは多少の知識はありますので、役に立つことがあります。

しかし、価値を見抜くことまではなかなか出来ません。

ただ、価値がありそうなものを見つけることは得意です。

少しでもそういったものを見つけたら、ヤフオク!の落札相場を見て、出品したら落札されそうかどうかを考えてから購入します。

とすると、私の趣味は価値がありそうなものを見つけることですね。

賢くヤフオク!を活用しよう

父と私は、お金をあまり掛けずに趣味を楽しむためにはどうすれば良いか?ということを考えています。

父は欲しいCDに加えて掘り出し物も見つけて買ってきますし、私は価値のありそうなものを調べてから商品を買います。

どちらも楽しんだ後のことまで考えていて、そのためにヤフオク!を上手く活用しています。

実際に、父も私も趣味にそこまでお金を費やしてはいませんが、趣味を楽しむことが出来ています。

趣味だけではなく、お金がとにかく掛かり途中でやめてしまうこともあると思いますが、工夫次第で賢く、長く楽しむことが出来ます。
今回は、ヤフオク!を上手に活用して楽しむ例をご紹介しました。