善か悪か?せどり・転売ってどういうもの?

せどり・転売とは?

ネットオークションだけで生活している方達がいらっしゃいます。

どうやって生活しているかというと「せどり」や「転売」を行っていることが多いです。

せどり・・・?転売・・・?

聞いたことがない方にとっては、なんのことだか全くわからないと思います。

テレビの特集やニュースなどで副業として取り上げられることがあるので、聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

今回は、聞いたことあるかも?「せどり」「転売」について、ネットオークションをしているとちょっと気になったので、ご紹介したいと思います。

せどり、転売ってなんだろう?

「せどり」とは、売買の仲介をして手数料を取る行為やその人自体を指す言葉です。

安く購入した商品を高く買い取ってくれるところに売り、その差額を利益とする行為全般のことですね。

元々は古本屋業界の方々が使っていましたが、中古品を扱うショップとして有名になったブックオフやアマゾンマーケットプレイス、ヤフオク!といった場所で、個人の副業としてかんたんに行うことが出来るようになって、「せどり」という言葉も広まりました。

同じような言葉に「転売」というものがあります。

買った物を、また別の人に売ることを「転売」と言います。

テレビやインターネット上では、転売を目的とする人達に商品を買い占められて、本当に欲しい人が買えない事態が・・・などと表現されます。

転売という言葉や行為自体には悪い意味はないのですが、買い占め行為と結びつけて捉えられることで、マイナスイメージとして広まっているのも事実です。

せどりや転売が成立する仕組み

せどりは、「安く購入した商品を高く買い取ってくれるところに売り、その差額を利益とする行為全般」と言いました。

でも、よく考えてみると、安く購入した物を高く買い取ってくれるところなんてあるのでしょうか?高い値段で買ったものは、安く買い取られてしまいますし・・・。

じゃあ、せどりや転売は成り立たないじゃないか!と思ってしまいます。

せどりや転売が成立する仕組みをご説明するために、ここでちょっとブックオフの話をしましょう。

みなさんご存知のブックオフでは、いらなくなった物をお客から買い取り、中古商品として販売しています。

CMでも一度は見かけたことがありますよね?「本を売っるなっら、ブックオフー♪」って。

CMで宣伝しているくらいなので高く買い取ってもらえるんじゃないかなーと期待して本を売りに行ったら、大した金額で買い取ってもらえなかった、なんていうことを私は経験しました。

売りに行ったことがある方には、この気持ちわかると思います。へこみます。

ブックオフの査定の仕方は古書店などとは違い、高価買取中の物以外は発売日の新しいものや状態の良いものをランクで分けて買い取り金額を決めます。

この買い取りの際には、その商品が限定品である、レア物であるといった希少価値は査定には含まれにくくなります。

このため、ブックオフの買い取り価格がこちらの予想していたものより低くなりやすいのです。

なぜ希少価値は査定に含まれにくいの?

主な理由は、2つあります。

1つ目は、忙しくて大雑把に査定をしているからです。

実際にブックオフを訪れてみるとわかるのですが、毎日ものすごい数の買い取り業務を「通常業務をしながら」行っています。

少量の買い取りならすぐに終わりますが、尋常じゃないくらいの商品数を持ち込む方もいらっしゃいます。

数にして100冊200冊それ以上。

いらなくなった本を売りに行くと、このくらいの数は余裕で超えます。一つひとつを丁寧に査定していたら、通常の業務に支障をきたしてしまいます。

なので、パッと見て大体の査定をしているのです。

付属のCDがなかったり、書き込みがされている本が平然と陳列されているのはこのためです。

2つ目の理由は、店舗や人によってランク付けの基準が異なってしまっては困るからです。

査定をする側は、全ての商品の価値を把握しているわけではありません。

ましてや、お店には社員だけでなく、アルバイトも大勢います。

しかし、向こうの店舗では0円だったのに、こっちでは200円で買い取ってくれる、ということが起きては困るのです。

かといって、希少価値を正確に見極めるために必要な知識や経験を備えた人材を、全国チェーンのお店が育てていくには時間も費用も掛かりすぎてしまいます。

となれば、たとえアルバイトに任せても確実に査定を行うことが出来る、基準となる査定方法を設けたほうが効率的なのです。

ここまでのブックオフについての話をまとめると・・・

  • 買い取りの基準として、新しさ・綺麗さを見ている
  • スピード重視の査定方法
  • アルバイトにも習得できる、基準となる査定方法がある

といったことでしたね。

そうなんです。ブックオフは基準に沿って機械的に査定しているので、本当の価値では査定していないのです。

ブックオフで本を売って、査定金額を見てガッカリする理由がわかって、またガッカリしちゃいますね。

でも、ここまで来れば、せどりや転売が成立する理由がわかったのではないでしょうか?

希少性を伴う商品がどこかに存在しているから

108円と値段が付けられた本が実は珍しい物で、ヤフオク!で700円で落札されている、ということが起こりうるのです。この場合ですと、単純計算で592円の利益ですね。

この本を10冊仕入れて、1冊700円で全て売れたとしたら、利益は5920円になります。

購入する数量を増やしたり種類を増やしたり、この作業を繰り返すことで得られる利益が大きくなります。

これは、何もブックオフに限ったことではなく、別のリサイクルショップや家電量販店などでも起こりえます。

例えば、妖怪ウォッチというおもちゃがどこに行っても売っていない!ということが一時期、ニュースで報道されていました。

確かにどこを探しても品切れでしたが、ヤフオク!では定価以上の値段がついているにも関わらず売れていたのが印象的でした。

本来の価格に、さらに希少性といった付加価値を加えることで、値段が何倍にも跳ね上がるのです。

これが、せどりや転売が成立する仕組みです。

せどりや転売について、どう感じましたか?

駆け足ですが、せどりや転売についてご紹介してきました。

面白そう!と思った方もいれば、なんだかずるい!と思った方もいると思います。

誤った価値で売られている物を正しい価値に直して、本当に必要としている人に売ることも出来ますし、大量に買い占めて意図的に希少性を生み出し、高値でも買いたい人に売ることも出来ます。

注目すべきは、どちらの場合でもせどりや転売そのもの自体は別に悪いことではなく、それを行う人や見ている人の考え方によって善くも悪くもなるという点です。

結果が「儲け」というお金で表現されることなので、せどりや転売をするほど自分も他人もマイナスの感情を集めやすいです。お金が絡むと人が変わるって言いますし!

考え方は人によりけりですので、自分にとっての正しい価値を見出せると良いなと思います。