どうしても悪い印象を持ってしまう取引について4つご紹介

悪い印象を与えてしまう取引? 私の出品&購入テクニック集

悪い印象を与えてしまう取引?

ヤフオク!や楽天オークションなどのネットオークションで数多く取引をしていると、そのうち何件かは「これ、おかしいのでは?」と思ってしまう取引を経験します。

単純にこちらの観察不足で見抜けずに招いてしまったものだったり、相手の常識を疑ってしまうものだったりと内容は様々です。

今回は、私が経験した印象の良くない取引4つをノンフィクションでお送りします。

 

入金予定日から3週間過ぎての入金

限定品のポスターを出品して、落札していただいた取引がありました。

入金予定日にYahoo!かんたん決済で支払いをするとのことで待っていたのですが、入金予定日には入金されず、手続きも行われていなかったのです。

きっと忙しくて忘れてしまったのだろう、と少し様子を見てみることにしました。

 

1週間が過ぎても入金の動きがないため、入金日の確認と銀行振り込みでも良いのでは?という提案を取引ナビで連絡をしました。

すると、「仕事が夜遅くまであるので入金する機会が作れず遅くなりました、Yahoo!かんたん決済で支払います」という返信とともに新たな入金予定日を提示されました

 

しかし、新たに設定された入金予定日になっても振り込まれていないため、もう一度連絡をして、次で入金されなかったら落札者都合でキャンセルをします、とお伝えをしました。

すると、また新しく入金予定日を知らせてきました。

結局、最後に提示してきた入金予定日に振り込まれていたので良かったのですが、振り込まれるまでに3週間掛かってしまい、終始落札者の都合でこちらは待つしかなく疲れが溜まりました。

連絡できるタイミングで支払いを済ませてしまえば良いのに・・・と思いました。

 

商品の箱に直接伝票を貼られて発送された

商品の外箱に伝票を貼られて発送されたこともあります。

かなり大きめの電気機器を落札したときのことですが、お目当ての商品とその箱が画像で映っていて、相場の価格とほぼ同額の8000円という金額で即決落札をしました。

落札から2日後に商品が届いたのですが、「あー、これは失敗したなあ。」と思いました。

商品の箱に直接伝票が貼られていて、さらに伝票だけでなく箱に開いた穴を補修するようにガムテープも貼られていました。

 

私の場合、商品を入れている箱も商品と思っているので、せめて袋なにかで箱を覆ってから伝票を貼ってほしかったなと思いました。

商品説明には箱の状態は書かれておらず、痛んでいない面のみから撮影した画像を使っていたので、ちょっと質問をして状態を確認すべきだったと、私の情報収集不足を反省しました。

 

水濡れの対策をしていないまま、本を発送された

漫画本を落札して、防水の梱包がされずに届いたことがあります。

商品の画像や説明文は特に問題なく、落札しても大丈夫だろうと判断したので落札しました。

しかし、届いた商品にはスーパーのチラシが一周巻いてあるだけで、水濡れ対策とは言えないものでした。梅雨時の雨が降っている中でよく無事に届いたものだと思いました。

封筒にも完全にテープで封をしていないために隙間ができていて、テープをケチったのかな?全体的に手抜きが目立つな、と思いました。

 

商品が入っている封筒がボロボロで届いた

よくこんな状態で届いたなあ、と感心してしました。

重量のある厚めの本を落札して、発送してもらったときのことです。

取引ナビでの連絡は滞りなくおこなえ、終始丁寧に対応をしてくださる方だなと思い、定形外郵便での商品発送についても安心をしていました。

 

しかし、荷物を受け取った時点で見てわかるくらい封筒がボロボロであり、中の商品は固定されていなかったので角が当たることによって穴が開き、破れている箇所もありました。

配達員の方には謝られましたが商品自体に破損はないため、配達途中で穴が開いてしまうような梱包になっているので気にしないでください、とお伝えしました。

無理して破れやすい封筒に入れずに、何か箱状のものに入れて発送すれば良い印象のまま取引を終えられただろうにと思いました。

 

常識は人によって変わるもの、と覚えておきましょう

誰もがネットオークションについての常識をもっているもの、と考えないようにしましょう。

私の場合、結果的に取引が終えられれば良し、商品自体が破損していなければ良しとしている一方で、開始から終了までの過程で何か問題があると、もったいないなあ、残念だなあとも感じています。

取引や梱包に関して少しでも気になったら、質問をしたり、お願いをしてみたりすることも必要です。返信の内容や伝え方でも情報として参考になるはずです。

 

確かに出品者も入札者もプロではないことがほとんどなので、完璧な対応は難しいのかもしれません。

しかし、相手のことを考えず、面倒だからこのくらいでいいだろう、と自分のことばかりに目がいってしまうのは残念でなりません。

見えない相手だからこそ、真摯に向き合い、誠実な対応をしていきたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました