メルカリで出品した商品が購入されて取引終了するまでの流れをご紹介

メルカリで出品した商品が売れたら、出品者は商品を発送する…という、なんとなくの流れはわかるけれども、具体的に出品者は何をすれば良いのでしょうか?

今回は、出品者が出品した商品が購入されたら何をすれば良いのか?取引終了までの流れをご紹介します。

出品した商品が売れたら?

メルカリで出品した商品が購入されたら、出品者は購入者とコミュニケーションを取りながら、商品を発送しなければなりません。

出品者としてすべきことは、主に以下の4つになります。

  1. 購入者へお礼のメッセージ
  2. 支払い完了の通知を待つ
  3. 梱包した商品を発送する
  4. 購入者の受け取り連絡と評価を待ち、購入者に評価をつけて取引終了

この4つのポイントに気をつけながら、取引をおこなっていきましょう。

購入者へお礼のメッセージ

まずは、商品を購入してくれた方にお礼のメッセージを送りましょう。

「たくさんの商品の中から自分の物を買ってくれた」「たまたま購入者が欲しいものを出品していた」「値段が安かったから」など、購入に至った理由はわかりませんが、出品した商品を購入してくれた人には、必ずお礼を言うように心掛けましょう。

スマホ越しとはいえ、相手も人間です。実際のお店でコミュニケーションを取っているのと、なんら変わりはありません。感謝と気遣いは忘れないようにしましょう。

支払い完了の通知を待つ

購入者が商品代金の支払いを終えるのを待ちましょう。

支払い方法によっては、この時点で既に支払いが完了していることもあります。たとえば、クレジットカード支払いやポイント支払いであれば、あっという間に支払いが完了します。

もし、購入者がコンビニ/ATM支払いを選んだ場合は、コンビニやATMなどで代金を支払う必要があるため、支払い完了までに2,3日掛かることもあります。待っているこの時間を利用して、商品の梱包を済ませても良いでしょう。

支払い完了の連絡を受けたら、商品を発送します。

梱包した商品を発送する

配送中の破損や紛失を防ぐように商品を梱包して、早めに発送しましょう。

発送方法によって、手続きができる場所が異なります。メルカリの商品を発送する際、主に利用するのは「コンビニ」や「郵便局」「ヤマト運輸の営業所」などになります。

また、「らくらくメルカリ便」や「ゆうゆうメルカリ便」などの発送手続きには、スマホに表示させたQRコード(二次元コード)を専用の端末にかざす必要があります。

発送方法や手続き方法は、事前に確認しておくようにしましょう。

商品の発送が完了したら、購入者へ必ず「発送通知」をしましょう。メッセージも送っておくと、より丁寧ですね。

購入者の受け取り連絡と評価を待ち、購入者に評価をつけて取引終了

発送した商品を購入者が受け取ると、出品者に対して受取連絡と評価をしてくれます。この連絡が来た出品者は、すみやかに購入者の評価をつけます。

評価は「良い」「普通」「悪い」の3段階でつけることができ、コメントも同時に送ることができます。余程のことがない限り「良い」と評価されることが多いです。

購入者と出品者の評価が終わると、出品者には商品代金が「売上金」として支払われ、取引は終了します。

この「売上金」は、事前に登録しておいた口座に振込申請することができます。また、「売上金」を「ポイント」に変えて、メルカリに出品されている商品を「ポイント」で購入することもできます。

現在の取引状況は、メニューから確認できる

現在の取引状況を知りたい場合は、メルカリトップページ左上の「三」のようなマーク(メニュー)をタッチしましょう。「メニュー」→「出品した商品」→「取引中」の順番にタッチすると、購入された商品の取引状況が把握できます。

  • 支払い待ち(購入者の支払いを待っている状態)
  • 発送待ち(出品者による商品の発送を待っている状態)
  • 受取評価待ち(購入者が荷物を受け取り、評価をつけるのを待っている状態)

「購入された商品が今どんな状況か?」「この商品はもう発送しても良いのか?」などが一目でわかるようになっています。

取引が完了した商品は「取引中」から「売却済み」に変わります。

商品が売れてから取引終了までの流れをまとめると…

  • まずは、購入者へお礼のメッセージを送る
  • 購入者が支払いを完了するまで待つ
  • 梱包した商品を、できるだけ早めに発送する
  • 購入者の受け取り連絡と評価を待つ
  • 購入者に評価をつけて取引終了
  • 取引状況については「メニュー」→「出品した商品」→「取引中」で確認可能

どんな商品を購入されても、おおまかな流れは変わりません。

時には、出品者として購入者をサポートすることもあると思います。購入者とコミュニケーションを取りながら、取引終了まで進めていきましょう。