「オークション」ってなんだろう?初心者の方へかんたん解説!

オークションを知ろう! ヤフオク初心者はまずこちらから

オークションを知ろう!

はじめまして、樹里(じゅり)です。

私の趣味は「オークション」。特に「ヤフオク」を頻繁に利用しています。欲しいものを探して落札しては、いらなくなった物を出品して楽しんでいます。

最近はCMでも、目にする機会が多くなりましたね。オークションに似た「フリマアプリ」なんていうものも登場し、より一層インターネット上での中古品売買が一般的になってきました。

友人と話していても、
「前から欲しかったアイドルのグッズ、フリマアプリで発見してやっと買えた!」
「部屋の掃除して出てきた不用品売って、新しいバッグ買ったわ。」
なんていうことを聞いたりします。

そういえば、フリマアプリを使いこなす友人がこんなことを言っていました。

「フリマアプリとオークションって、どう違うの?一緒じゃないの?」

確かに「インターネット上で中古品売買を行う」という意味では、フリマアプリもオークションも同じです。ただ、仕組みが全く異なります。

この記事では、オークションとは一体どういうものなのかをかんたんにご紹介していきます。初心者必見!一緒に見ていきましょう!

オークションってどういうものなの?

先ほど挙げたフリマアプリは「インターネット上のフリーマーケット」と思ってください。商品を買いたい人は、出品者が提示している値段で商品を購入するのが一般的です。もう少し安く売ってほしい場合は、値切り交渉を行うことが出来ます。

一方で、オークションとはどういったものなのでしょうか?

Wikipediaによると…

オークション (auction) とは、販売目的で何らかの場に出された物品を、最も良い購入条件を提示した買い手(入札希望者)に売却するために、各々の買い手が提示できる購入条件を競わせる事である。
引用:ウィキペディア 競売

「入札」とは主にオークションの場で使われる言葉で、かんたんに言うと、「その商品を買いたい!」と宣言すること。

また、ここで言う「購入条件」としては、「金額・価格」をイメージするとわかりやすいです。

つまり、オークションとは「競り」のことで、競りの場に出された品物に対して、一番高い金額・価格で「その商品、買いたいです!」と宣言した人に商品を売りますよ!ということなんです。

そしてそのオークションをインターネット上で開催しているものを「インターネットオークション(ネットオークション)」といいます。私も利用しているヤフオクも、代表的なネットオークションです。

ネットオークションについて、大まかに知りたい!

ネットオークションでは、まずパソコンやスマートフォンなどを使って、自分が欲しい商品を探して入札します。そして、オークションが終了した時点で「一番高い金額で入札している」と落札(購入)することができます。

こうしてみると、競りの現場が実際の場所からインターネット上に移動するくらいで、基本的な性質は変わりません。ですが、競りの場がネット上に移ることで、様々な利点があります。

ネットオークションの良いところは、取引に必要な手続きをネット上で完結させられるところ。商品を購入する場合であれば、「入札や落札」「出品者との連絡」「商品代金の支払い」など、実際に相手と直接会う必要がなく、簡単かつ安心、時間もかけることなく取引が出来ます。

もちろん、ネットオークションでは自分で商品を売ることも出来ます。
「商品の説明文を書く」「値段を自分で設定する」「商品の写真を撮る」「出品する」「落札される」「入金されて確認をする」など、ちょっとした自分のお店を持っている感覚になります。

だいたいのことがネット上で済んでしまうのを考えると、ネットオークションのすごさがわかると思います。唯一、ネット上で出来ないことと言えば「商品の梱包・発送」くらいです。

世の中には、副業としてネットオークションをしていて、そこで得た収入だけで生活している方もいらっしゃいます。もはや本業ですね。うーん、オークションってなかなかに奥が深い。

長くなりましたが、オークション初心者の方にも、すでにオークション利用者の方にも、ネットオークションをより楽しむためにはどうすれば良いのか、これから少しずつ紹介していこうと思います。よろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました