「キーワード検索」と「カテゴリ検索」を使い分けることが商品検索のコツ

ヤフオク初心者はまずこちらから

キーワード検索とカテゴリ検索を使い分けよう

今までに「キーワードから探す方法」や「カテゴリから探す方法」の、それぞれのメリット・デメリットを見てきました。

欲しい商品を上手に探せる「キーワードから探す」方法のメリットとデメリット
ネットオークションでは、毎日数多くの商品が出品されています。私がいつも利用している「ヤフオク!」も、商品の入れ替わりが激しいです。日々変わり続けるネットオー...
ネットオークションで欲しい商品を「カテゴリから探す」方法のメリットとデメリット
前回は「キーワードから探す方法」のメリットとデメリットを紹介しました。キーワード検索のメリットは、「目的の商品をピンポイントで探せるところ」。デメリ...

簡単におさらいすると、キーワードから探す方法」は、

  • メリット:特定の商品1つに絞って素早く探せる
  • デメリット:誤字・脱字・省略などの表記ゆれに弱い

「カテゴリから探す方法」は、

  • メリット:幅広く探すことができる
  • デメリット:目的の商品だけ探すことが難しいうえに時間が掛かる

こんなことを前回までに見てきました。そして、それぞれの検索方法を使い分けて、商品を探せるのでは?というところまで考えました。

今回は、「キーワード検索」と「カテゴリ検索」を上手く使い分けるコツをご紹介します。

キーワード検索とカテゴリ検索を状況によって使い分ける

毎度おなじみの「ヤフオク!」で見ていきましょう。ヤフオク!は、どちらの検索方法でもしっかりと商品を探すことが出来ます。

出来れば、実際に商品を探しながら覚えましょう!

たとえば、デジタルカメラが欲しいとすると…

たとえば、今、私は「デジタルカメラ」が欲しいなと思うことにします。

とはいえ、世の中にはたくさんの「デジタルカメラ」が存在しています。「大きさ」「形」「色」「メーカー」「性能」「価格」など…。他にも違いを挙げればきりがありません。

そこで、「どんなデジタルカメラが欲しいか?」を考えてみます。

  • ちょっとした旅行に持っていける小さいデジタルカメラ
  • メーカーは特に限定しない
  • ピンク色のものが欲しい

といった具合です。今回は、この条件に合うデジタルカメラを探していきましょう。条件が漠然としているため、「カテゴリから探す」方法で探すほうが良さそうです。

では、ヤフオク!のカテゴリから商品を検索してみましょう。

まずは、カテゴリの中から「デジタルカメラ」を選択します。「デジタルカメラ」のカテゴリを探すことができれば、途中のカテゴリは省略しても大丈夫です。

ここでは「家電・AV・カメラ」→「カメラ、光学機器」→「デジタルカメラ」の順に選択をしていきます。

auction_how_to_search1_add

auction_how_to_search1_2_add

auction_how_to_search1_3_add

「デジタルカメラ」のカテゴリまでたどり着きました。

auction_how_to_search1_3_2_add

ここからさらに「デジタル一眼」「ミラーレス一眼」「コンパクトデジタルカメラ」…とカメラの種類が分かれています。

今回は「ちょっとした旅行に持っていける小さい」デジタルカメラが欲しいので、ここでは「コンパクトデジタルカメラ」を選択します。

auction_how_to_search1_4_add

「コンパクトデジタルカメラ」のカテゴリに来ました。

auction_how_to_search1_5_add

先ほどからも出ていますが、カテゴリ欄は「オリンパス」「カシオ」「キャノン」…など、カメラのメーカーごとにカテゴリが分類されています。ここからさらに、カテゴリを絞ってみても良いのですが…。

今回は「メーカーは特に限定しない」ことにしています。メーカーごとにカテゴリが分類されていても、事前に調べていないため、差がよくわかりません。

それではここで、「すべての商品を見る」をクリックしてみましょう。すると、ここまで選択してきたカテゴリ内に出品されている商品を、実際に見ることが出来ます。実物の画像を見てカメラを探してみましょう。

auction_how_to_search1_5_add2

「コンパクトデジタルカメラ」カテゴリ内の、すべてのデジタルカメラが一覧で表示されます。

auction_how_to_search1_6_add

たくさんの「デジタルカメラ」があります。画像も、出品されている商品ごとに違いますね。この時点で、コンパクトデジタルカメラのカテゴリ内には、約13231件の商品が出品されています。この数を素直に一つひとつ見ていくのは、私でも嫌になりそうです。

今こそ「キーワード検索」の出番です。

ここから「キーワード検索」でも探してみよう

冒頭で、欲しいカメラの希望として「ピンク色のカメラが欲しい」としていました。なので、検索欄にそのまま「ピンク」と入力して、検索してみましょう。

auction_how_to_search2_add

「ピンク」というキーワードが、商品タイトルに入っているカメラが一覧で表示されました。ちなみに検索結果は276件となり、だいぶ探しやすくなりましたね。それでは、ざっと一覧に目を通してみましょう。

auction_how_to_search2_2_add

一通り見てきて、SONYの「Cyber-Shot(サイバーショット)」というカメラが気になりました。もっと詳しく「Cyber-Shot(サイバーショット)」を見てみたいですね。

それでは、検索欄に「Cyber-shot」と入力して検索しましょう。

auction_how_to_search2_3_add

結果、39件まで絞れましたね!

auction_how_to_search3_add

目を通してみると、どうやらSONYの「Cyber-Shot(サイバーショット)」には、色々と種類があるようです。画像でも「DSC-W320」「DSC-WX350」「DSC-T90」「DSC-TX9」などの型番が読み取れますね。

では、その中から「DSC-WX350」を検索してみましょう。先ほどと、検索方法は全く同じです。

auction_how_to_search4_add

最終的に、5件まで検索結果を絞れました!ここまでくれば、一つひとつ商品をじっくり見られますね!

「徐々に条件を絞っていくこと」が検索のコツ

今回の場合、まず「カテゴリ検索」で13231件まで絞りました。そこから「キーワード検索」で5件までに絞ることが出来ました。最終的には、SONYの「Cyber-Shot(サイバーショット)DSC-WX350」というカメラにたどり着きました。このカメラであれば、「ちょっとした旅行に持っていける小さいデジタルカメラ」「メーカーは特に限定しない」「ピンク色のものが欲しい」という3つの条件を、充分に満たしています。

「カテゴリ検索だけでは調べにくい…」「キーワードを入力して検索しても上手くいかない…」という場合には、ちょっと視点を変えて検索してみましょう。意外と、上手に商品を探すことが出来ます。

「カテゴリ検索」「キーワード検索」以外にも、「価格帯からの検索」や「出品地域からの検索」など、詳細な検索も可能です。必要であれば、使ってみるのも良いでしょう。

ちなみに、「Cyber-Shot(サイバーショット)DSC-WX350が欲しい!」というように、あらかじめ欲しい商品が決まっている場合もありますよね?

そんな時は、ヤフオク!トップページからいきなり「キーワード検索」で探してみましょう。ちゃんと、検索することが出来ます。

auction_how_to_search5_add

しかし、この場合は「ピンク」と入力せずに検索をしているので、検索結果が27件になっています。ここから、さらに絞り込んでもOKですね。

お目当ての商品を探すために、色々な検索方法を使ってみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました