オークションにおける新品ってどんなもの?新品の定義について考えてみる

新品の定義について考える

中古品だけでなく、新品の商品もオークションでは出品されています。

新品は中古品よりも高い価格で落札されることが多く、希少かつ新品であると価格は跳ね上がります。

しかしながら、一言で新品と言っても状態の良さには差があります。

今回は、新品の定義について考えたいと思います。

Wikipediaの定義は?

客観性が必要なので、「新品」の定義をWikipediaで調べてみました。

新品(しんぴん)とは、生産者の手によって製造され、場合によっては梱包された状態のまま、まだ消費者等の第三者の手に触れられていない(販売されたことのない)工業製品(耐久消費財)を指す。一度でも、販売され使用された物は、中古品と呼ばれる。販売はされたが、一度も使用されていない物については、新古品と呼ばれることもある。

参考:Wikipedia-新品の項目より

生産者が製造したものが、まだ消費者などに販売されていない状態を新品と言うそうです。

ちなみに「耐久消費財」とは、長期にわたって消費される商品のことです。

例としては、電気製品や家具、自動車、自転車、住宅など。いずれも繰り返しの使用や利用が出来るものですね。

とすると、オークションにはちょっとした矛盾があることにお気づきでしょうか?

オークションにおける新品とは?

Wikipediaの定義に照らし合わせると、新品を購入した第三者の手からまた別の人の手に渡るので、オークションにおける新品は、正しくは「新古品」という状態です。

しかし、オークションにおいては「新古品」とするよりも「新品」という言葉のほうが伝わりやすいため、「新品」表記となっています。

また表記以外でも「使用したか?していないか?」の点に着目して、未使用ならば「新品」、使用済みなら「中古品」とすることがあります。

色々なパターンを考えてみましょう

新品にも様々なパターンが存在します。

オークションで見かけた商品を例にして、新品かそうでないか考えてみたいと思います。

状態の良い未開封品

特に破損や欠損もなく使用もしていないので、新品と呼ぶことができる商品です。

大量に出回っている商品に多く存在します。

お店で新しいものを購入する感覚、と言うとわかりやすいと思います。

未開封だが、箱や中身が若干傷んでいる

「未開封ですが、箱に傷みがあります」「未開封品ですが、焼けがひどい状態です」など、状態は良くないものの未使用、という商品が出品されています。

「箱は傷んでいるが、中身は未使用」という場合もあります。

このような商品を若干の破損があるものとして見なすならば、完璧な状態ではないので中古と判断することも出来ます。

中には、状態の良い中古よりもひどい新品の商品も存在します。

開封済みだが使用はしていない

「中身確認のため開封しました」「撮影のため開封しました」など、商品説明で書かれていることがあります。

開けるまで中身がわからない商品、外から見ただけでは中身が把握しづらい商品も存在します。

使用目的で開封したわけではないので、商品自体は新品と見ても良さそうですね。

軽い動作確認をおこなったのみ

「不備がないか、試しに動かしてみました」というパターンです。

一応使用はしているので、新品ではないと判断されやすいです。

動作確認とはいえ、電化製品などは通電したら新品ではなくなるというのはよく耳にします。

展示品(ディスプレイ品)

家電や楽器などであり得るパターンです。

店頭に並べられていた展示品をそのまま買い取り、出品することも考えられます。実際に店頭でも使用されていれば、中古品と見なされる可能性は充分あります。

しかし、使用されずに飾られていただけの商品は新品と言えるのか難しいところです。「飾る行為」自体も使用とするならば、中古品扱いになってしまいます。

新品の基準は「未使用」や「未開封」?

ヤフオク!や楽天オークションなどのネットオークションでは、個人の方の出品がほとんどです。新品の基準は人それぞれになってしまうため、意味合いも人によって異なります。

未使用品を新品とする人もいれば、未開封を新品とする人もいます。新古品という言葉を知らない人やそもそも新品という表記自体が間違っている、と考える人もいます。

ここまで来ると、いよいよ何をもって「新品」というのかわからなくなってきますね。

考え方次第で基準が決まる

「外箱は多少汚れているが、中身は未使用なので新品」

「少しでも汚れていれば中古品」

「オークションに出品されているものはすべて中古品と考える」

出品中の商品に付いている「新品」の表記にとらわれすぎず、自分にとって「新品」としても良い基準を設定しておくことが重要です。

独自の基準によって、選択の幅を拡げることも狭めることも可能です。

提示された情報を参考にするのは大切ですが、自分の目で確かめたことを信用するのもオークションで良い落札をするコツです。

自分が納得できる状態の商品に入札をしましょう!