オークションでの即決価格とは?設定するメリット・デメリット

即決価格とは? ヤフオク初心者はまずこちらから

即決価格とは?

ヤフオク!では、開始価格や現在価格とは別に「即決価格」というものが設定されている商品があります。

どうしてもすぐにその商品が欲しい場合に「即決価格」での落札を考えることが私もあります。

上手に利用すれば欲しい商品をすぐに落札できるのですが、いったい「即決価格」とはどういったものなのでしょうか?

即決価格とは?

「即決価格」とは、入札すると即座に落札することが出来る価格のことです。

出品者が商品を出品する際に無料で設定することが出来ます。

例えば、出品する商品に「開始価格2000円」「即決価格5000円」と設定するとします。

この商品に5000円で入札があると、残り時間に関係なく商品はすぐに落札されます。

もし、上記の例の商品に4500円の入札があり、そのままオークションが終了すると4500円で落札されます。

つまり、即決価格に満たない価格でオークションが終了する可能性もあるということです。

即決価格を設定するメリット

即決価格を設定するメリットとしては、

  • 即決価格での入札があれば即座に落札される。
  • オークションを早く終了させることができ、取引に素早く移行できる
  • 低価格帯の商品に設定すると落札されやすくなる

といったことが挙げられます。

終了時間が来るよりも前に、商品がすぐに欲しい!という方もオークションにはいます。

そんな方に向けて即決価格を設定することで、商品をすぐに落札できる状態にすることができます。

即決価格で入札すれば確実に落札が出来るので、わかりやすく便利な機能と言えます。

また、落札相場が低価格の商品に即決価格を設定することで、落札率が上がることがあります。

私もそうなのですが、低価格の商品に入札してオークション終了まで待つ時間がもどかしいときがあります。

落札相場が低価格の商品は、それほど入札が激しいわけではありません。

そんな低価格帯の商品に即決価格を付けることによって、終了時間まで待つ必要がなくなり、その時間短縮が落札率の上昇に繋がることもあるのです。

即決価格を設定するデメリット

即決価格を設定するデメリットとしては、

  • 設定した即決価格よりも安く落札されやすくなる
  • 利益を出したい雰囲気が出てしまう

といったことが挙げられます。

私自身も即決価格を設定して出品することがありますが、即決価格を設定して出品するよりも、設定しないで出品したほうが高値で落札されることがあります。

これは、基本的にオークションで入札する際には「設定された即決価格よりもなるべく安く買いたい」という心理が働くため、と考えられます。

また、その商品の落札相場にもよるのですが、あまりに高い即決価格を付けすぎると「利益を出したい」という雰囲気が漂い、入札される可能性が低くなり逆効果に繋がります。

即決価格を設定する場合は「スピード」を意識しましょう

即決価格は、商品の落札するための時間を掛けずに、すぐ落札することが可能となります。

その価格で入札した人に対しては、安く購入することよりも時間短縮を選んで落札した、と考えることができます。

出品する商品に即決価格を設定する際は、落札されてからなるべく間を空けずに、連絡や発送などに対応できることが望ましいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました