ヤフオク!のおてがる版ゆうパック・ゆうパケットの使い方や送料、メリット・デメリットなどをご紹介

配送方法・配送料金の詳細

この記事では、ヤフオク!のおてがる版ゆうパック・ゆうパケットの利用方法や配送料金、メリット・デメリットを紹介します。

おてがる版ゆうパック・ゆうパケットは、ヤフネコ!パックと並んで一二を争うほど、ユーザーに利用されているヤフオク!専用の配送方法です。

商品を発送する出品者の手間を省き、商品を受け取る購入者の安心をサポートする、利用者目線の充実したサービスが魅力的な配送サービスです。

 

おてがる版ゆうパック・ゆうパケットとは?

おてがる版ゆうパック・ゆうパケットは、ネットオークションサイト「ヤフオク!」と日本郵便が提携した専用の配送方法で、ヤフオク!ユーザーがお得に使いやすいよう企画・設計されたサービスです。

おてがる版ゆうパック・ゆうパケットというように、ゆうパックとゆうパケットの2種類の配送サービスで、ヤフオク!での商品発送が簡単に、お得に、安心して行えます。

サイズ制限や料金設定、発送手続きの方法、受け取り方の設定など、通常のゆうパケット・ゆうパックとは異なる部分もありますが、ヤフオク!向けに調整されているため、通常のものよりも格段に使い勝手の良い配送方法へと進化しています。

使わない人は損していると言っても過言ではないくらいに、ヤフオク!では頻繁に利用することになる配送方法です。

 

取り扱いサイズ・配送料金・その他特徴など

ヤフオク!のおてがる版配送方法である「ゆうパケット」と「ゆうパック」の2種類は、それぞれサイズ・重さ制限、料金などが異なります。発送する荷物の大きさや重さに合わせて、配送方法を選びましょう。

なお、規定サイズを超えた荷物を発送した場合は、郵便局から返送されるので気をつけましょう。

※金額は全て税込みです。

ゆうパケット(おてがる版)のサイズ・料金

小さい物の発送にピッタリです。

  • 最大サイズ:3辺合計60cm以内・長辺34cm以内・厚さ3cm以内・重さ1kg以内
  • 最小サイズ:長さ14cm・幅9cm(円筒形状のものは長さ14cm以上・直径3cm)
  • 送料︰全国一律175円(出品者負担)、全国一律210円(落札者負担)

紛失・破損による補償はありません。

また、配達の日時指定はできません

ゆうパケットは郵便受けに配達されますが、入らない場合は対面で渡してくれます。

ゆうパック(おてがる版)のサイズ・料金

大きい荷物の発送に適しています。

  • 最大サイズ:170サイズ・重さ25kg以内
  • 送料:縦・横・高さ3辺の合計サイズによって、値段が変わります。

送料(出品者負担時)

大きさ 60サイズ 80サイズ 100サイズ 120サイズ 140サイズ 160サイズ 170サイズ
重さ 25kgまで
料金 700円 800円 1000円 1100円 1300円 1600円 1800円

落札者負担時の送料は「おてがる版ゆうパック・ゆうパケットの料金検索」で調べられます。

  • 補償限度額:30万円まで

希望の時間帯指定が可能です。

 

その他の特徴

  • 郵便局やコンビニ、はこぽすなどで受け取りが可能です(コンビニ・はこぽすでは100サイズまでの荷物に対応)
  • あて名書きは不要で、スマートフォンから発送に必要な情報を入力します
  • 配送状況は、取引画面の送り状番号から確認することができます。
  • 発送先にもよりますが、配達日数は1~2日ほどで、おおむね翌日・翌々日には発送が完了します
  • 匿名配送によって、お互いの名前や住所を知られずに安心して取引が行えます
  • 集荷サービスはありません
  • おてがる版ゆうパック・ゆうパケットで利用できるヤフオク!柄封筒・箱などの梱包・包装資材は、ネット通販サイト「LOHACO」で販売しています

 

利用方法・送り方

出品時の設定方法

おてがる版ゆうパック・ゆうパケットは、商品出品時に出品フォームの配送方法から「おてがる版ゆうパック・ゆうパケット」を選択することで利用可能になります。

送料負担は出品者・落札者のどちらも選択可能ですが、基本運賃は落札者負担時のほうが高くなります。

配送コード(QRコード)の生成方法

落札者の支払い完了連絡後に、取引ナビで配送コードを発行することができます。

品名を入力し、注意事項(荷扱い指定)の中から2つまで選択したら、「配送コードを発行する」ボタンをタップすると、配送コードが発行されます。

手続き方法・差し出し場所・料金支払いについて

スマートフォンを使った発送手続きの簡単な流れは、

  1. ヤフオク!の取引ナビで生成した配送コードと荷物を郵便局かローソンに持ち込む
  2. 店頭に設置された端末で配送コードを読み取り、送り状ラベルや申込券を発行する
  3. それぞれ必要な作業を行って荷物を差し出したら発送完了

となります。

用紙の入れ間違い・専用袋の貼り間違いを防ぐため、作業はすべて自分自身で行いましょう。

また配送料金は、落札者の受け取り完了連絡からしばらくすると、商品の売上代金から自動的に引かれるため、各発送場所で直接支払うことは一切ありません。

 

荷物を差し出す場所によって手続き方法が少し変わるので、下記で説明してあります。

なお、SMARI(スマリ)を導入しているローソン店舗では、ゆうパケットのみSMARIで発送手続きを行います。ゆうパックの場合はいずれもLoppiで手続きを行います。

郵便局で手続きする場合

  1. 専用プリンタ「ゆうプリタッチ」に配送コードを読み取らせます。
  2. 配送コードを正しく読み取ると「ピッ!」と音が鳴り、ゆうプリタッチからお届け情報が記載されたシールが発行されます。
  3. 発行されたシールを荷物と一緒に郵便窓口で差し出し、お客様控えをもらったら手続きは完了です。

なお、ゆうパケット専用の差し出しポストが用意されている店舗の場合は、発行されたシールを荷物に貼ってそのまま投函します(お客様控えは省略されます)。間違っても、通常の赤いポストに投函してはいけません。

ローソンのLoppiで手続きをする場合

  1. Loppiのトップメニューから「Loppi専用コードをお持ちの方」を選択し、配送コードを読み取らせます。
  2. 画面に表示されたお申込み内容を確認し「発行する」をタッチします。
  3. Loppiから発行された「申込券」を、30分以内に荷物と一緒にレジで差し出します。
  4. 店員から「送り状」と「伝票納入袋」を渡されるので、荷物に伝票納入袋を貼り、送り状を切り離し、上からA・B・Cの順になるよう重ねて伝票納入袋に入れます。
  5. 荷物を店員に渡して、お客様控えをもらったら手続きは完了です。

ローソンのSMARIで手続きをする場合

  1. SMARIトップメニューから「e発送(画面の左側)」の「START」をタッチし、配送コードをSMARIのカメラに読み取らせます。
  2. 画面に表示された内容を確認し「発行する」をタッチします。
  3. 印刷された「発送ラベル」を荷物に貼り、SMARI左側の投函口に入れ、お客様控えを持ち帰って手続きは完了です。

※SMARIが故障・不具合などで使用できない場合は、Loppiから手続きが行えます

 

おてがる版ゆうパック・ゆうパケットのメリット

迷ったら選んでおけば間違いない、手軽でお得で便利な配送方法

おてがる版ゆうパック・ゆうパケットも、ヤフネコ!パックも、ヤフオク!専用の配送方法のため、ユーザーが使いやすく、安価で発送ができるシステムになっています。

あて名書きや発送手続きはスマートフォンを使ってより簡単に、配送状況の確認や荷物の補償などは通常のものより手厚く、出品者・購入者どちらにも気配りのできる配送方法と言えます。

どの配送方法にすべきか迷ったときには、いずれかのヤフオク!専用便を選んでおけば、まず間違いありません。

小さい荷物から大きい荷物まで、格安料金で発送できる

荷物の大きさに合わせて、ゆうパケット(おてがる版)・ゆうパック(おてがる版)を選択でき、送料が出品者負担時には全国一律料金で格安利用ができるのも、おてがる版ゆうパケット・ゆうパックのメリットと言えます。

特にゆうパック(おてがる版)は、ヤフオク!専用ということで通常のゆうパックよりも非常に安くなっています。

(例)東京都から沖縄県まで「おてがる版のゆうパック(出品者負担・落札者負担)」と「通常のゆうパック」で荷物を発送する場合の基本運賃

  60サイズ 80サイズ 100サイズ 120サイズ 140サイズ 160サイズ 170サイズ
おてがる版・出品者負担 700円 800円 1000円 1100円 1300円 1600円 1800円
おてがる版・落札者負担 1060円 1330円 1600円 1860円 2130円 2340円 2730円
ゆうパック 1350円 1630円 1900円 2170円 2440円 2660円 3060円

また、ゆうパック(おてがる版)は最大170サイズの荷物を扱えるため、ヤフネコ!パックの宅急便よりも10サイズ分大きい荷物を送れます。

自宅以外では、郵便局・ローソン・ミニストップ・はこぽすなどで荷物を受け取れる

落札者は取引ナビの「店舗で受け取る」を選択することで、自宅以外の受け取り場所を指定できます。

受け取り場所には、郵便局やローソン、ミニストップ、日本郵便の宅配ロッカー「はこぽす」などを指定できます。

外出や仕事などで自宅を空けることが多い方は、自宅以外で受け取り指定をすることで、再配達にならずに荷物を受け取れるので便利です。

 おてがる版ゆうパック・ゆうパケットのデメリット

ヤフオク!初心者やスマホが苦手な人には、発送手続きが難しく感じる

ヤフオク!を始めたばかりの方や、スマートフォンの操作が苦手な方には、おてがる版ゆうパック・ゆうパケットでの発送手続きが少々複雑に感じるかと思います。

たしかに、そのような方が「スマホで配送コードを発行して、郵便局かローソンのLoppiで……」といきなり言葉で説明されても、なかなか理解できないかもしれません。

発送手続きが不安な場合は、ヤフオク!での発送に慣れている知人や郵便局員、ローソンの店員などにやり方を聞いてしまいましょう。

初めての頃は勝手がわからず手間取りますが、何度も手続きをするうちに少しずつ慣れてきて、いつの間にか一人でもできるようになります。

送料が出品者負担時と落札者負担時で異なる

出品者負担に設定すれば、おてがる版ゆうパック・ゆうパケットを全国一律料金で安く利用ができますが、落札者負担に設定すると、出品者負担時よりも基本運賃が高額になることが多いです。

落札者負担時の料金は、通常のゆうパック・ゆうパケットよりも安くなっていますが、ゆうパック・ゆうパケットをお得に利用するなら送料を出品者負担にしたほうが良いでしょう。

 

ただし、ゆうパック60~100サイズを同県内への発送する場合は、送料を落札者負担にしたほうが、ほんの少し安く発送することができます。

(例)同じ東京都内でおてがる版のゆうパックを「出品者負担」と「落札者負担」で荷物を発送する場合の基本運賃

  60サイズ 80サイズ 100サイズ 120サイズ 140サイズ 160サイズ 170サイズ
おてがる版・出品者負担 700円 800円 1000円 1100円 1300円 1600円 1800円
おてがる版・落札者負担 630円 740円 990円 1230円 1480円 1700円 2030円

お届け日が指定できない

おてがる版ゆうパック・ゆうパケットでは、荷物の配達日を指定することができません。

いつ頃配達されるかがわからないため、自宅を空けていることが多い方は、受け取り場所を自宅以外に変更することをおすすめします。

受け取り場所の充実しているおてがる版ゆうパック・ゆうパケットでは、自宅以外でも郵便局やローソン・ミニストップ、はこぽすなどで荷物を受け取ることができます。

どうしても配達日や時間帯を指定したい!という方は、ヤフネコ!パックを利用しましょう。ヤフネコ!パックでは配達日や時間帯の指定が可能です。

集荷サービスが利用できない

おてがる版ゆうパック・ゆうパケットには集荷サービスがありません。荷物を発送するためには、郵便局かローソンで手続きをしなければならないため、少々面倒に感じるかもしれません。荷物も170サイズまで取り扱っていますが、近くに郵便局やローソンでもないかぎりは、大型の荷物を発送する機会はあまりないかもしれず、ちょっともったいないサービスです。

おてがる版ゆうパック・ゆうパケットについてまとめると……

  • おてがる版ゆうパック・ゆうパケットは、手軽で安くて安心できるヤフオク!専用の配送サービス
  • おてがる版ゆうパック・ゆうパケットは、通常のゆうパック・ゆうパケットをよりも安価で使いやすくなっている
  • 薄くて小さい荷物はゆうパケットを利用しよう
  • 170サイズまでの大きな荷物はゆうパックを選択しよう
  • スマホで発行した配送コードを使って、郵便局かローソンで発送手続きをしよう
  • 荷物は自宅以外でも受け取れる
  • 配送方法で悩んだら、おてがる版ゆうパック・ゆうパケットでOK!

おてがる版ゆうパック・ゆうパケットは、ヤフオク!ユーザーが使いやすいようにサービス内容や利用方法がよく考えられています。配送前と配送後のサポートが充実しているだけでなく、価格も抑えられていて、煩雑な手続きもスマホ利用でスムーズに行えるのが、おてがる版ゆうパック・ゆうパケットの魅力です。

荷物の種類や状況に応じて、ヤフネコ!パックとあわせて、おてがる版ゆうパック・ゆうパケットを利用していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました