画像付きでわかりやすく「フィギュア」の梱包方法をご紹介

商品別おすすめ梱包方法

この記事では、フィギュアの梱包方法やそのコツについてをご紹介します。

フリマアプリやネットオークションで売買されているフィギュアには様々な種類があります。

物によって、形や大きさ、重さなどが様々ですが、基本的な梱包方法は変わらないため、覚えることはそれほど多くありません。この機会に学んでいきましょう。

 

メルカリやヤフオク!における「フィギュア」とは?

一般的に「フィギュア」という言葉から、おそらく「アニメ・ゲームに登場するキャラクターのフィギュア」を思い浮かべる方が多いと思います。

この記事でも、そのイメージのまま話を進めていきますが、

  • お菓子に付いてくるおまけのフィギュア
  • 着せ替えが可能で高クオリティのドール
  • 懐かしの特撮ヒーローのソフビ人形
  • 組み立てるとフィギュアになるガレージキット

なども、メルカリやヤフオク!などのカテゴリではフィギュアに分類されます。

ポーズを取らせたり、組み立てたり、飾って眺めたり……と人によって楽しみ方の形も様々なのが「フィギュア」です。

 

フィギュアの理想的な梱包の仕方とは?

フィギュアの理想的な梱包として、何よりもまずは「フィギュア本体が破損しないこと」を心掛けましょう。

箱に入ったフィギュアであれば、ある程度の衝撃にも耐えられますが、箱の無いフィギュアの場合は、破損する可能性が高くなります。そのため、箱の無いフィギュアの梱包では、プチプチや緩衝材を多めに使うようにしましょう。また、取り外し可能なパーツであれば、細かく分解して梱包しても良いでしょう。

 

さらに、「フィギュアの入った箱が破損しないこと」にも気を配る必要があります。

入手時から専用の箱に入っているフィギュアの場合、フィギュア本体は当然ですが、フィギュアの入った箱も立派な商品ですので、丁寧に扱う必要があるということです。

フィギュアは、小さいものであれば封筒に入れて送れますが、たいていの場合は60~80サイズになるものが多くあるため、ダンボール箱に入れて発送することが多いです。

中には100サイズを超えるような巨大フィギュアなどもありますが、用意したプチプチなどの緩衝材やダンボール箱に梱包して、箱も破損することなく届けましょう。

フィギュア本体を衝撃・振動から守る

何よりもまず、フィギュア本体を輸送中に加わる、あらゆる衝撃・振動から守らなければなりません。

滅多にありませんが、配送中のトラブルによって荷物を落下させてしまい、強い衝撃や振動がフィギュアに伝わって、パーツが外れたり欠けたりする可能性もあります。

対策としては、プチプチや緩衝材を使って梱包し、本体に加わる力を和らげることで、配送中の思わぬ衝撃・振動にも耐えられるようになります。

フィギュアの箱を水や衝撃などによる破損から守る

フィギュアは中身だけでなく、中身の入った箱も破損しないように気をつける必要があります。

大型の家電や衣類などではそれほどでもありませんが、フィギュアでは中身が入っている箱も立派な商品として扱われる傾向があります。感覚としては、ゲームソフトの箱・パッケージに近いかもしれません。

フィギュアの外箱は厚紙やダンボールで出来ていることが多く、水分や落下などの衝撃に弱く、簡単にへこんだり破れたりします。

対策としては、フィギュアの箱を一回り大きいダンボール箱に入れて梱包することで、水分だけでなく落下による破損の可能性が低くなります。

 

配送中の箱の破損が怖い場合は、いっそのこと箱をたたんで平らにして発送する方法もあります。しかし、箱がつぶれる可能性と引き換えに、フィギュア本体が破損する可能性が高くなるため注意が必要です。

箱をたたんで発送する際には、購入者が驚かないように、前もって出品説明文には記載しておきましょう。

基本的にはダンボール箱を使おう|小さいフィギュアは封筒でもOK

フィギュアの箱は、中にフィギュアが入っている関係で、60サイズを超えることが当たり前となってきます。

破損対策にもなるため、フィギュアの梱包には基本的にダンボール箱を利用しましょう。

また、衝撃がそのままフィギュアに伝わるのを避けるために、フィギュアを入れても余裕があるダンボール箱を準備することをおすすめします。

フィギュアがギリギリ入るような大きさのダンボール箱ですと、落下による衝撃でダンボール箱がへこむと、同じようにフィギュアの角もへこみます。

破損した商品を確認した出品者も購入者もへこむため、大きさに余裕のある箱を用意しましょう。

ただし、食玩のおまけとして付いているような小さめのフィギュアであれば、プチプチなどで梱包して封筒に入れて送っても良いでしょう。

 

見本画像を真似して実際に梱包してみよう

フィギュアの梱包作業は、

  • 水分が入る隙間をなくすようにフィギュアをプチプチで包む
  • 余裕のある大きさのダンボール箱に入れて、隙間に緩衝材を詰める

といった2点を心掛ければ、誰でも簡単に梱包することができます。

これから「ゲームセンターで獲得したフィギュア(プライズフィギュア)」を例に梱包方法について紹介しますが、箱がないフィギュア・その他フィギュアでも同じような梱包の流れになります。

※例では、見やすいガムテープで梱包していますが、実際には透明テープ(OPPテープ)を使用すると仕上がりが綺麗に見えます。

箱に入ったフィギュアを梱包する場合

まずは、フィギュアを一巻きできるくらいのプチプチを用意します。

 

下の画像のように、プチプチにフィギュアを乗せます。

 

プチプチでぐるっと一周させて包み、テープを貼ります。

 

フィギュアに巻いたプチプチの上下が開いているので、同じように隙間ができないようにテープで留めます。画像のように、三角に近い形にプチプチをたたんで、テープで仮留めします。

 

テープを横に貼ります。

 

さらに隙間をなくすようにテープを貼ります。

 

同じ要領で、もう一方の開いた側にもテープを貼っていきます。

 

これで、箱に入ったフィギュアをプチプチで綺麗に包むことができました。

 

ふせんなどに、ちょっとしたメッセージを書き添えると喜ばれます。

 

フィギュアが余裕で入る大きさのダンボール箱を用意しましょう。

 

底に新聞紙やチラシなどの緩衝材を詰めておいて……

 

その上に、プチプチで包んだフィギュアをダンボール箱に入れます。

この時、フィギュアを持ち上げて重心が安定する向きで箱に入れましょう。誤って落としてしまう可能性が少なくなり、配達員の方も運びやすくなります。

 

箱の中にできた隙間には、さらに緩衝材を詰めておきましょう。フィギュア本体・箱に伝わる衝撃を和らげて、破損を防いでくれます。

しっかりと封をしたら、フィギュアの梱包は完了です。

箱が無いフィギュアを梱包する場合

まずは、フィギュアを一巻きできるくらいのプチプチを用意します。

 

下の画像のように、プチプチにフィギュアを乗せます。

 

プチプチでぐるっと一周させて包み、テープを貼ります。

 

フィギュアに巻いたプチプチの上下が開いているので、同じように隙間ができないようにテープで留めます。画像のようにプチプチをくるくると巻き、テープで留めます。こうすることでクッションのようになり、衝撃を和らげてくれます。

 

同じ要領で、もう一方の開いた側のプチプチもくるくると巻いて、テープを貼ります。

 

これで、箱が無いフィギュアをプチプチで包むことができました。

 

ふせんなどに、ちょっとしたメッセージを書き添えると喜ばれます。

 

フィギュアが余裕で入る大きさのダンボール箱を用意しましょう。

 

底に新聞紙やチラシなどの緩衝材を詰めておいて……

 

その上に、プチプチで包んだフィギュアをダンボール箱に入れます。

この時、フィギュアを持ち上げて重心が安定する向きで箱に入れましょう。誤って落としてしまう可能性が少なくなり、配達員の方も運びやすくなります。

 

箱の中にできた隙間には、さらに緩衝材を詰めておきましょう。フィギュア本体・箱に伝わる衝撃を和らげて、破損を防いでくれます。

しっかりと封をしたら、フィギュアの梱包は完了です。

 

フィギュアの梱包についてまとめると……

  • フィギュア本体だけでなく、箱の破損対策もしっかりと行う
  • 梱包に使うダンボール箱は、フィギュアより一回り大きい物にする
  • 箱の隙間には緩衝材を詰めて、衝撃が直接商品に伝わらないようにする

フィギュアの梱包をする際は中身ばかりに気を取られてしまいがちですが、中身の入っている箱自体も立派な商品ですので、どちらも破損しないように丁寧に梱包しましょう。

また、箱は紙製のため、水分はもちろんですが、ちょっとの衝撃でも簡単にへこんだり破れたりします。丈夫なダンボール箱を使用して、様々な破損からフィギュアを守りましょう。

 

そして梱包した商品は、使い慣れていて信頼できる配送方法で発送しましょう。

フィギュアのおすすめ配送方法については、下記の記事で紹介しています。あわせてご覧ください。

安心して届けられる!「フィギュア」の発送におすすめの配送方法をご紹介
この記事では、フリマアプリやネットオークションで購入された「フィギュア」の発送に適した配送方法についてをご紹介します。手のひらサイズの小さいフィギュアと、両...

コメント

タイトルとURLをコピーしました