【メルカリ】送料値上げ後も「60サイズ・80サイズの中型~大型商品」を安く送れる配送方法2種類をご紹介

アイキャッチ画像・メルカリ便の宅急便&ゆうパックよりも安く送れる配送方法2種類を紹介 フリマアプリ・ネットオークションの基礎知識

メルカリでは、2022年6月16日(木)正午からメルカリ便の配送サービス利用料の改定がおこなわれます。

わかりやすく言うと、いつもお世話になっている「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」「メルカリShopsの配送サービス」の送料が上がるということですね。

メルカリ便の宅急便・ゆうパックは、ネコポス・ゆうパケットと比べて値上げ額が大きく、確実に出品者のお小遣いが減ることになります。

そこで今回は、メルカリ便の配送サービス利用料の改定後も安く送れて、特に60サイズ・80サイズの中型~大型商品を安く発送できる配送方法2種類メリット・デメリットとともにご紹介します!

スポンサーリンク

配送サービス利用料値上げ後の「らくらくメルカリ便」&「ゆうゆうメルカリ便」の送料は?/改定前・改定後の送料比較一覧表

2022年6月16日(木)正午から配送サービス利用料の改定対象となるのは「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」の2つで、それにともなって「メルカリShopsの配送サービス」の送料も値上げされます(梱包・発送たのメル便は料金改定の対象ではありません)。

下記で、各配送サービスの旧料金・新料金値上げ率とともに一覧表形式でまとめてみました。

らくらくメルカリ便の改定前・改定後の料金&値上げ率一覧表
配送サービスの名称 旧料金 新料金 値上げ率
ネコポス 175円 210円 20.00%
宅急便コンパクト 380円 450円 約18.42%
宅急便60サイズ 700円 750円 約7.14%
宅急便80サイズ 800円 850円 6.25%
宅急便100サイズ 1000円 1050円 5.00%
宅急便120サイズ 1100円 1200円 約9.09%
宅急便140サイズ 1300円 1450円 約11.53%
宅急便160サイズ 1600円 1700円 6.25%
集荷サービス 30円 100円 約333.33%
ゆうゆうメルカリ便の改定前・改定後の料金&値上げ率一覧表
配送サービスの名称 旧料金 新料金 値上げ率
ゆうパケット 200円 230円 15.00%
ゆうパケットポスト 200円 215円 7.50%
ゆうパケットプラス 375円 455円 21.33%
ゆうパック60サイズ 700円 770円 10.00%
ゆうパック80サイズ 800円 870円 8.75%
ゆうパック100サイズ 1000円 1070円 7.00%
メルカリShops配送サービスの改定前・改定後の料金&値上げ率一覧表
配送サービスの名称 旧料金 新料金 値上げ率
ネコポス 175円 210円 20.00%
宅急便コンパクト 380円 450円 約18.42%
宅急便60サイズ 700円 750円 約7.14%
宅急便80サイズ 800円 850円 6.25%
宅急便100サイズ 1000円 1050円 5.00%
宅急便120サイズ 1100円 1200円 約9.09%
宅急便140サイズ 1300円 1450円 約11.53%
宅急便160サイズ 1600円 1700円 6.25%
クールメルカリ便60サイズ 920円 970円 約5.43%
クールメルカリ便80サイズ 1020円 1070円 約4.90%
クールメルカリ便100サイズ 1330円 1380円 約3.75%
クールメルカリ便120サイズ 1760円 1860円 約5.68%
集荷サービス 30円 30円 0%

集荷サービスを除けば、最小で15円・最大で150円の値上げとなっています。

まず、中型サイズの商品発送に活躍する「宅急便コンパクト」や「ゆうパケットプラス」の値上げ率に驚かされますが、専用資材代は別ですので、1回利用するだけで500円は超えてしまいます。

また、「宅急便」や「ゆうパック」に関しても50円~150円の値上げとなるため、出品者のお財布に入ってくる金額は確実に減ります。

相変わらずメルカリ専用の配送方法なので、通常のものよりは格安料金で利用できますが、出品者を悩ませる問題であることには変わりません。

 

送料値上げ後も「60サイズ・80サイズ」の中型~大型商品を送れる配送方法は2種類!/それぞれのメリット・デメリットもご紹介

配送サービス利用料の値上げ後も、メルカリ便の使い勝手の良さは変わらないため、引き続き「らくらくメルカリ便」や「ゆうゆうメルカリ便」を利用することになりそうですが……

もし発送する商品が「60サイズ・80サイズ程度の中型~大型商品で、重さ1kg以内」であるなら、メルカリ便の宅急便・ゆうパックよりも安く送れるかもしれません!

いやいや、メルカリ便より安く送れる配送方法なんて無いでしょ?

どうせ数十円程度安くなるだけよね?

「レターパックプラス」「普通郵便(定形外郵便・規格外)」を利用すれば、商品のサイズ・重さによっては300円以上も安くなったり、条件が揃えば500円以上節約して送れる場合があります。

利用するための条件がいくつかあるので、しっかりチェックしていきましょう!

レターパックプラス

アイキャッチ画像レターパックプラス・レターパックライトの概要・利用方法

「レターパックプラス」は、専用封筒を購入して商品を発送できる配送方法です。

厚さ制限3cm以内のレターパックライトでは使えない方法ですが、厚さ制限がないレターパックプラスであれば520円で商品を発送できます。

専用封筒の大きさはA4ファイルサイズ(縦34cm×横24.8cm)で、60サイズ程度の商品発送に活用できますし、宅急便コンパクト・ゆうパケットプラスで発送するような商品も送れます。

補償はないものの追跡サービスが付いているため、発送後も安心して荷物の居場所を確認できます。

 

注意点としては、封筒の大きさが決まっている点です。

専用封筒はA4ファイルサイズ(縦34cm×横24.8cm)ですので、どんなに頑張っても60サイズより小さい商品しか発送できません。

レターパックプラスって、専用封筒を箱型すればお得に送れたはずだよね?

一時期、流行りましたね。専用封筒を上手く折りたたんで箱型にする方法がありましたが、現在ではほとんど使えない方法になりました。

さすがに郵便局側も事情を把握しているため、封筒の形のまま受け取ることを徹底しているようです。

レターパックプラスを箱型に加工することは、郵便局員の善意につけこんで責任丸投げであるうえに、確実に荷物を取り扱ってもらえる保証もありません。

レターパックプラスのメリット
  • 60サイズ程度の商品を520円で発送できる
  • 厚さ制限がなく、重さ4kg以内の荷物に対応している
  • 追跡サービスが付いている
レターパックプラスのデメリット
  • 専用封筒を超えるサイズの商品は発送できない
  • 補償は付いていない
  • 匿名配送には対応していない
  • 厚みのある商品を入れると、専用封筒がふくらんで閉じにくくなる

ちなみに私は、馴染みの郵便局の方に嫌な顔をされてまで節約する勇気はないので、欲張らずに封筒の形のまま利用しています。

レターパックプラス&レターパックライトの特徴・使い方などの詳細は下記の記事をご覧ください

レターパックプラス・ライトとは?使い方や送料、メリット・デメリットなどをご紹介
この記事では、レターパックプラス・ライトの利用方法や配送料金、メリット・デメリットを紹介します。A4サイズの専用封筒に荷物を入れるだけという、わかりやすくて...

普通郵便(定形外郵便・規格外)

アイキャッチ画像普通郵便の概要・利用方法

「普通郵便(定形外郵便・規格外)」も、商品のサイズや重さによってはお得に発送できる配送方法です。

普通郵便(定形・定形外郵便)の配送料金表
  定形郵便 定形外郵便(規格内) 定形外郵便(規格外)
25g以内 84円 取り扱いなし
50g以内 94円 120円 200円
100g以内 取り扱いなし 140円 220円
150g以内 210円 300円
250g以内 250円 350円
500g以内 390円 510円
1kg以内 580円 710円
2kg以内 取り扱いなし 1040円
4kg以内 1350円

普通郵便は「定形郵便」「定形外郵便(規格内)」「定形外郵便(規格外)」に分かれています。

宅急便やゆうパックで送るような商品は「定形外郵便(規格外)」で送ることになり、上記の料金表で赤いマーカーで記したあたりが、よく使われる対象となります。

とりあえず3辺合計90cm以内かつ1kg以内」の荷物であれば、定形外郵便(規格外)を利用することで、メルカリ便の宅急便やゆうパックよりもお得に発送できます。

60サイズ商品発送時の重量別送料比較表
  500g以内 1kg以内 2kg以内
定形外郵便(規格外) 510円 710円 1040円
宅急便(らくらくメルカリ便) 750円
ゆうパック(ゆうゆうメルカリ便) 770円
80サイズ商品発送時の重量別送料比較表
  500g以内 1kg以内 2kg以内
定形外郵便(規格外) 510円 710円 1040円
宅急便(らくらくメルカリ便) 850円
ゆうパック(ゆうゆうメルカリ便) 870円
100サイズ商品発送時の重量別送料比較表
  500g以内 1kg以内 2kg以内
定形外郵便(規格外)※3辺合計81~90cm以内の商品に限る 510円 710円 1040円
宅急便(らくらくメルカリ便) 1050円
ゆうパック(ゆうゆうメルカリ便) 1070円

加えて宅急便コンパクト・ゆうパケットプラスに関しても、厚みのある軽い商品なら安く発送できる場合もあります。

普通郵便(定形外郵便・規格外)のメリット
  • 長辺60cm以内・3辺合計90cm以内の商品を安く発送できる
  • ゲーム・フィギュア・ぬいぐるみなど、様々な物を発送できる
  • 現金だけでなく切手による料金支払いも可能
普通郵便(定形外郵便・規格外)のデメリット
  • 追跡サービスや補償は付いていない
  • 匿名配送には対応していない

取り扱いサイズは100サイズ以内ではなく「長辺60cm以内・3辺合計90cm以内」で、追跡サービスや補償もないため、利用する際は気をつけましょう。

普通郵便(定形・定形外郵便)の特徴・使い方などの詳細は下記の記事をご覧ください

普通郵便(定形・定形外郵便)とは?使い方や送料、メリット・デメリットなどをご紹介
この記事では、普通郵便(定形・定形外郵便)の特徴や利用方法、メリット・デメリットなどを紹介します。普通郵便は「サイズや重さで変わる料金区分が複雑」でちょっと...
スポンサーリンク

まとめ:値上げ後は「レターパックプラス」や「普通郵便(定形外郵便・規格外)」で送ると送料がお得です!

今回ご紹介した「レターパックプラス」も「普通郵便(定形外郵便・規格外)」も、サイズ&重さ制限や利用条件が厳しいですが、その分、メルカリ便値上げ後も安価で送ることができる配送方法です。

全ての商品に使えるわけではないのですが、メルカリ便の宅急便・ゆうパックを利用する商品であれば、発送前に検討してみると良いでしょう。

とはいえ、追跡サービスが標準で付いているのはレターパックプラスだけで、補償に関してはどれも付いていないため、利用する際には気をつけましょう。

 

ちなみに、配送方法を見直すのではなく、梱包に利用する資材を節約して、少しでも出費を減らすことも可能です。

節約&時短につながる梱包道具・梱包資材については、下記の記事をご覧ください

【作業効率アップ】梱包作業におすすめの道具&資材9種をご紹介/メルカリ・ヤフオク対応
今回は、フリマアプリ・ネットオークション出品者ならば持っておきたい「便利で役立つ梱包道具&梱包資材12点」をご紹介します。フリマアプリやネットオークションの...

コメント

タイトルとURLをコピーしました