真似するだけで高評価!「本・雑誌」の梱包方法を画像付きでわかりやすくご紹介

アイキャッチ画像・本雑誌の梱包方法 商品別おすすめ梱包方法

この記事では、本・雑誌の梱包方法やそのコツについてをご紹介します。

本や雑誌は、フリマアプリやネットオークションで売り買いしやすい物で、私自身も梱包する機会が多いジャンルです。

形や大きさ、重さなどが様々な本・雑誌ですが、どれも四角い形をしているため、梱包の基本を学ぶにはちょうど良い物と言えます。

一度覚えてしまえば他の物にも応用できるので、この機会に学んでいきましょう。

スポンサーリンク

そもそも梱包する「本・雑誌」ってどういうもの?|漫画・文庫・辞典など種類が様々

街の本屋を見てみると、実に様々な種類の本が置いてあります。

単純に「本」と言っても、その大きさや重さなどは様々で、

  • 漫画・コミック
  • 雑誌(週刊誌、ファッション雑誌、ビジネス雑誌など)
  • 文庫本
  • ビジネス書
  • 絵本
  • 図鑑
  • 参考書
  • 辞典
  • 楽譜
  • 写真集
  • 画集

など、他にもたくさんの本があります。

ここでは「文字・絵などが印刷されていて冊子状のもの」を「本・雑誌」として、その梱包方法について紹介していきます。

 

本・雑誌の理想的な梱包の仕方とは?|水濡れ&破損対策を万全に

本を梱包する時には「水に濡れないこと」「表紙やページが破損しないこと」に気をつけましょう。

また、発送する際には「封筒」を使うことが一般的ですが、複数冊になって重量がある場合は「紙袋」や、より耐久力のある「ダンボール箱」に入れて送りましょう。

水濡れの対策をしっかりと行う

まずは、最大の天敵である「水」から、本を守らなくてはなりません。

たいていの本は紙でできているので、水分に非常に弱く、少量の水滴が付いただけでも表紙やページは破れやすくなり、乾いた後でもページがよれたり、シミなどの汚れが残ります。

一部の水濡れでも被害は広範囲に及ぶため、ちょっとの水気も入らないよう、隙間なく完全に密閉する必要があります。

表紙やページの折れ・汚れ・破れなどにも気をつける

表紙やページの破損にも気をつけなければなりません。

紙は非常に折れやすく破れやすいという性質があるため、水濡れ時はもちろんですが、通常時でも簡単に折れ目が付いたり、ビリビリっと破けたりします。

しかし紙には、何層にも重ねると強度が増すという性質もあります。

しっかりとページを閉じた状態の本は、容易に折れ曲げたり破ったりできないほど丈夫になります。

この、ページが閉じられた状態のまま梱包することで、表紙やページの破損を防ぐことができます。

基本的には封筒を使用するが、物によってダンボール箱や紙袋でもOK

本のサイズや重さにもよりますが、封筒を使って発送するのが一般的です。

もし、マンガ全巻セットや辞書など、厚みもあり重量もある物であれば、丈夫なダンボール箱に入れて発送すると良いでしょう。

また、紙袋での発送も可能ですが、箱よりも強度が不足するため、水濡れ・破損対策はより厳重に行いましょう。

 

見本画像を真似して本・雑誌を梱包してみよう

これから「本1冊だけ梱包する場合」「複数冊まとめて梱包する場合」の2つを例に、具体的な梱包方法について紹介します。

梱包作業は、

  • 商品をプチプチで包む
  • 配送方法に合わせて、封筒かダンボール箱(紙袋)を選ぶ

という2点に気をつければサッと済ませられます。

複数冊まとめて梱包する場合も、1冊だけ梱包するよりも少々手間はかかりますが、基本的な流れは変わりません。

また、ゆうパケットやネコポスなどの、厚さ制限がある配送方法で発送予定の場合は、規定内のサイズを超えないようにプチプチ・防水袋で梱包しましょう。

※例として見やすいようにガムテープで梱包していますが、実際には透明テープ(OPPテープ)を使用すると、仕上がりが綺麗に見えます。

1冊だけ梱包する場合

まずは、本を一巻きできるくらいのプチプチを用意します。

 

下の画像のように、プチプチに本を乗せます。

 

プチプチでぐるっと一周させて包み、適当なところで切ったら、テープを貼ります。

本の背と反対側(小口)でテープを留めると、表紙や裏表紙に余分なプチプチの厚みもなくなり、綺麗に梱包できます。

小口でテープを留めると、上の画像のようになります。

 

同じように両端も、隙間ができないようにテープで留めます。ここでも、規定内のサイズを超えないように気をつけましょう。

テープの1/3くらいの位置でプチプチに貼って……

 

そのままグッと、テープを裏表紙側のプチプチに折り込むように貼り付けます。

 

余ったテープの端は、巻き込むように表紙側に貼ります。

 

これでテープで封をしつつ、綺麗にまとまりました。

しっかりテープで留められたか確認しましょう。

こちらは表紙側で……

裏表紙側はこんな感じになりました。

 

ふせんなどに、ちょっとしたメッセージを書き添えると喜ばれます。

 

梱包した本を封筒に入れ、封をしたら本の梱包は完了です。

複数冊まとめて梱包する場合

プチプチを使う場合は、1冊だけ梱包する場合と同じようにできるので、今回は、大きめの透明な袋(OPP袋)を使って梱包してみます。

まずは、本が余裕で入る大きさの袋を用意します。

本をまとめて袋に入れ、どちらか片側に寄せます。

袋の底の繋ぎ目ラインが、本セットのちょうど中央を通るように置くと、梱包しやすくなり綺麗に仕上がります。

 

袋でページを閉じるようにグルっと巻き付け、テープで留めます。仮留めでもしっかり留めても、どちらでもOKです。

 

底の両端にできた三角形の耳の部分をテープで留めておくと、完成時にまとまりが良く綺麗に見えます。

底とは反対側も、テープで留めます。

テープを1/3くらいの位置で袋に貼って……

 

そのままグッと、テープを裏表紙側の袋に貼り付けます。

 

底と同じように、こちらも三角形の耳の部分をテープで留めておきましょう。

しっかりテープで留められたか確認しましょう。

こちらは表紙側で……

裏表紙側はこのようになります。

梱包した本をダンボール箱に入れます。

本と箱にできた隙間には、緩衝材として新聞紙やチラシなどを詰めましょう。中で荷物が固定されて、破損しにくくなったり、配達員の方も運びやすくなったりします。

封をしたら、本・複数冊セットの梱包は完了です。

本・雑誌の梱包方法についてまとめると……

  • 水に濡れないように、袋やぷちぷちで密閉する
  • ページを閉じた状態で梱包すると、折れたり破れたりしにくくなる
  • 基本的には封筒を使い、荷物に応じてダンボール箱や紙袋も利用する

メルカリやヤフオク!などでも、「本・雑誌」は売買されること多いジャンルですが、梱包の出来が出品者によって差があるのも多いジャンルです。少しの手間を惜しんで雑な梱包で済ませると、万一の際の返品・交換対応にそれ以上の手間がかかります。購入してくれた方へ無事に届けられるよう、手を抜かずにしっかりと梱包は行いましょう。

そして、梱包した商品は信頼できる配送方法で発送しましょう。本・雑誌のおすすめ配送方法については、下記の記事で紹介しています。あわせてご覧ください。

「本・雑誌」のおすすめ配送方法をご紹介・メルカリ、ヤフオク発送にも対応!
この記事では、フリマアプリやネットオークションで購入された「本・雑誌」の発送に適した配送方法についてをご紹介します。本・雑誌の発送に利用できる配送方法は数多...

コメント

タイトルとURLをコピーしました