安心して届けられる「本・雑誌」の発送におすすめの配送方法をご紹介

商品別おすすめ発送方法

この記事では、フリマアプリやネットオークションで購入された「本・雑誌」の発送に適した配送方法についてをご紹介します。

本・雑誌の発送に利用できる配送方法は数多く存在し、ある程度自由に選ぶことができます。値段の安さや追跡サービス・補償の有無など、各々の好みで選んでしまっても問題ないくらいに、どのサービスもおすすめできます。

ちなみに、梱包が終わっていない方、梱包の仕方がわからない方は、以下の記事をご覧ください。わかりやすい画像付きで紹介しています。

画像付きでわかりやすく「本・雑誌」の梱包方法をご紹介
この記事では、本・雑誌の梱包方法やそのコツについてをご紹介します。本や雑誌は、フリマアプリやネットオークションで売り買いしやすい物で、私自身も梱包する機会が...

本・雑誌の発送に適した配送方法は?

梱包後の本の大きさや重さによって、利用できる配送方法は変わりますが、たいていの場合は、

  • 「ネコポス」または「ゆうパケット」(小さめで厚さ3cm以内の本)
  • 「宅急便コンパクト」(規定内に収まる厚さ5cm以内の本)
  • 「ゆうパケットプラス」(メルカリ限定・規定内に収まる厚さ7cm以内の本)
  • 「宅急便」または「ゆうパック」(複数冊やそれ以外の本)

のどれかを選んでおけば問題なく発送ができます。

メルカリやヤフオク!利用者であれば、それぞれに用意された専用配送方法にこれらは含まれています。

それ以外の配送方法としては、クリックポスト・レターパック・ゆうメールなどが、本や雑誌の発送で選ばれることがあります。

メルカリユーザーは「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」がおすすめ

メルカリの利用者であれば、安価で手間なく発送ができる「らくらくメルカリ便」や「ゆうゆうメルカリ便」がおすすめです。

細かい規格や制限に違いはありますが、「らくらくメルカリ便」も「ゆうゆうメルカリ便」も、どちらも同じような使い方ができます。

  • ネコポス・ゆうパケット(厚さ3cm以下の小さい本・雑誌など)
  • 宅急便コンパクト・ゆうパケットプラス(やや厚みのある本・雑誌など)
  • 宅急便・ゆうパック(複数冊・全巻セットや大型本など)

というように、本のサイズ・重さ・量に応じて配送方法を選択しましょう。

ただし、ゆうゆうメルカリ便のゆうパックの取り扱い可能サイズは100サイズまでのため、利用する際はサイズオーバーに気をつけましょう。

らくらくメルカリ便とは?使い方や送料、メリット・デメリットなどをご紹介
この記事では、らくらくメルカリ便の利用方法や配送料金、メリット・デメリットを紹介します。らくらくメルカリ便は、ゆうゆうメルカリ便と並んで一二を争うほど、ユー...
ゆうゆうメルカリ便とは?使い方や送料、メリット・デメリットなどをご紹介
この記事では、ゆうゆうメルカリ便の利用方法や配送料金、メリット・デメリットを紹介します。ゆうゆうメルカリ便は、らくらくメルカリ便と並んで一二を争うほど、ユー...

ヤフオク!ユーザーは「ヤフネコ!パック」「ゆうパック(おてがる版)・ゆうパケット(おてがる版)」がおすすめ

ヤフオク!の利用者であれば、安価で手間なく発送ができる「ヤフネコ!パック」や「ゆうパック(おてがる版)・ゆうパケット(おてがる版)」がおすすめです。

  • ネコポス・ゆうパケット(厚さ3cm以下の小さい本・雑誌など)
  • 宅急便コンパクト(やや厚みのある本・雑誌など)
  • 宅急便・ゆうパック(複数巻・全巻セットや大型本など)

というように、本のサイズ・重さ・量に応じて配送方法を選択しましょう。

なお、メルカリ専用のゆうパケットプラスはヤフオク!では利用できないため、間違えないようにしましょう。

ヤフネコ!パックとは?使い方や送料、メリット・デメリットなどをご紹介
この記事では、ヤフネコ!パックの利用方法や配送料金、メリット・デメリットを紹介します。ヤフネコ!パックは、おてがる版ゆうパック・ゆうパケットと並んで一二を争...
ヤフオク!のおてがる版ゆうパック・ゆうパケットの使い方や送料、メリット・デメリットなどをご紹介
この記事では、ヤフオク!のおてがる版ゆうパック・ゆうパケットの利用方法や配送料金、メリット・デメリットを紹介します。おてがる版ゆうパック・ゆうパケットは、ヤ...

クリックポスト・レターパック・ゆうメールなどもおすすめ

クリックポスト|送り状作成や発送手続きをすべて自宅で行える

クリックポストは、厚さ3cm以内の小さい本に限られますが、送り状作成・料金支払いなどの手続きをすべて自宅だけで行いたい方におすすめです。

発送もポスト投函でOKなので、自分の好きな時に発送作業を進めたい方におすすめです。

クリックポストとは?使い方や送料、メリット・デメリットなどをご紹介
この記事では、クリックポストの利用方法や配送料金、メリット・デメリットを紹介します。全国一律198円という送料の安さと、自宅で送り状作成や料金支払いを済ませ...

レターパックプラス・ライト|封筒を用意する手間が省ける

レターパックプラス・ライトは、A4サイズ専用封筒に入る本に限られますが、封筒を用意する手間を省きたい方におすすめです。

レターパックライトは厚さ3cmまでですが、レターパックプラスは厚さ制限がないので、発送する本の厚さによって使い分けましょう。

レターパックプラス・ライトとは?使い方や送料、メリット・デメリットなどをご紹介
この記事では、レターパックプラス・ライトの利用方法や配送料金、メリット・デメリットを紹介します。A4サイズの専用封筒に荷物を入れるだけという、わかりやすくて...

ゆうメール|購入者へ着払いで荷物を届けられる

本の発送には、冊子状の印刷物を取り扱える「ゆうメール」も利用できます。

メルカリ専用便・ヤフオク!専用便では着払いが不可能ですが、ゆうメールであれば着払いでの差し出しが可能です。

ゆうメールとは?使い方や送料、メリット・デメリットをご紹介
この記事では、ゆうメールの利用方法や配送料金、メリット・デメリットを紹介します。本や雑誌、CD・DVDなどの発送に適している「ゆうメール」は、発送可能な内容...

 

本・雑誌の発送に適した配送方法についてをまとめると……

  • 本の大きさ・重さ・量や送料によって、ピッタリな配送方法を選ぼう
  • メルカリ・ヤフオク!利用者は、それぞれの専用配送方法の利用がおすすめ
  • クリックポスト、レターパック、ゆうメールも場合によってはおすすめ

本・雑誌の発送には、メルカリユーザーであれば「らくらくメルカリ便」や「ゆうゆうメルカリ便」を、ヤフオク!ユーザーであれば「ヤフネコ!パック」や「おてがる版・ゆうパック&ゆうパケット)」を選択しておけば間違いありません。

また、状況に応じて「クリックポスト」、「レターパックプラス・ライト」、「ゆうメール」なども使えると、幅広く対応できるようになります。

……と、様々な配送方法が用意されていますが、これらの配送方法を利用するためには、しっかりとした梱包が前提となります。とはいえ、あまりに丁寧に梱包しすぎると「厚さ」や「重さ」のサイズ制限を超えてしまう場合があります。そうならないためにも、発送する商品に合わせた梱包をすることが必要になります。

本・雑誌の梱包方法についての詳細は、下記の記事をご覧ください。わかりやすい見本画像付きで紹介しています。

画像付きでわかりやすく「本・雑誌」の梱包方法をご紹介
この記事では、本・雑誌の梱包方法やそのコツについてをご紹介します。本や雑誌は、フリマアプリやネットオークションで売り買いしやすい物で、私自身も梱包する機会が...

コメント

タイトルとURLをコピーしました