「カード・シール・チケット・金券」などのおすすめ配送方法をご紹介/メルカリ・ヤフオク発送にも対応!

ダンボールにカードを乗せる 商品別おすすめ発送方法

この記事では「カード・シール・チケット・金券」の発送に適した配送方法についてをご紹介します。

「カード・シール・チケット・金券」(以下、カード類)などの梱包方法についての記事内でも触れましたが、カード類は大きさ・重さだけでなく価格・希少性などにも差ができやすいジャンルの商品です。当然ながらフリマアプリやネットオークションでも同じことが言えて、それぞれの商品に合う配送方法も異なります。

テーマパークチケットや商品券などを、送料節約のために追跡&補償サービスのない配送方法で送る・受け取るのは、出品者も購入者も不安になってしまいます。取引後にクレームがあったり低評価を付けられてしまうかもしれません。

今回の記事では、送る側も受け取る側も安心・安全に利用できる「カード・シール・チケット・金券」などの発送におすすめの配送サービスを紹介しています。この機会にぜひチェックしておきましょう。

ちなみに、梱包が終わっていない方、梱包の仕方がわからない方は、以下の記事をご覧ください。わかりやすい画像付きで紹介しています。

真似するだけで高評価!「カード・シール・チケット・金券」などの梱包方法を画像付きでわかりやすくご紹介
この記事では、カード・シール・チケット・金券などの梱包方法やそのコツについてをご紹介します。フリマアプリやネットオークションでは、トレーディングカードやシー...

 

スポンサーリンク

「カード・シール・チケット・金券」の発送に適した配送方法は?

梱包したギフト券を封筒に入れる

カード類を発送する際には、下記の2パターンのどちらかを選ぶことになるかと思います。

  • 少しでも送料を安く節約して発送したい
  • 送料が多少高くても、追跡サービスや補償付きの方法で発送したい

カード類は厚さ・重さがそれほどないものが多いため、基本的にはどんな配送方法でも発送可能です。好みで選んでも問題ないでしょう。

とにかく安い送料で送りたい!という場合は、まず間違いなく「普通郵便(定形・定形外)」で決まりです。

定形内サイズにおさまる商品であれば、定形郵便84円・94円で発送できます。普通郵便の詳細については下記の記事をご覧ください。

普通郵便(定形・定形外郵便)とは?使い方や送料、メリット・デメリットなどをご紹介
この記事では、普通郵便(定形・定形外郵便)の利用方法や配送料金、メリット・デメリットを紹介します。普通郵便と聞くと、手紙やはがきなどが一般的な使い方で、時期...

 

84円・94円と比べると少し送料が高くなりますが、「ネコポス」「ゆうパケット」「ゆうパケットポスト」などは、追跡サービス付きの配送方法として利用頻度が高いです。

大量のカード類を送るなら「宅急便コンパクト」「ゆうパケットプラス(メルカリ専用)」「宅急便」「ゆうパック」などを利用すると、数量・重量が増しても問題なく発送可能です。

メルカリ・ヤフオク!利用者であれば、それぞれのサービスに上記の配送方法が用意されていますが、「ネコポス」「宅急便コンパクト」「宅急便」「ゆうパック」などは、追跡サービスだけでなく補償サービスも付属しているのでおすすめです。

 

メルカリ・ヤフオク!専用の配送方法以外で発送するならば、「クリックポスト」や「レターパック」「ミニレター」などもおすすめです。特に「ミニレター(郵便書簡)」は配送料金最安値63円で商品を送ることが可能です。

 

メルカリユーザーは「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」がおすすめ

メルカリの利用者であれば、安価で発送手続きも簡単な「らくらくメルカリ便」や「ゆうゆうメルカリ便」がおすすめです。

細かい規格や制限に違いはありますが、「らくらくメルカリ便」も「ゆうゆうメルカリ便」も、どちらも同じような使い方ができます。

「らくらくメルカリ便」や「ゆうゆうメルカリ便」には、規格の異なる配送方法が複数含まれているため、発送する商品によって送り方を変えると良いでしょう。

 

少量のカード類を送るなら、下記の3つがおすすめです。

  • ネコポス(補償金額3000円まで)
  • ゆうパケット
  • ゆうパケットポスト

大量のカード類や高額なものを発送する際には、下記の4つがおすすめです。

  • 宅急便コンパクト(補償金額3万円まで)
  • 宅急便(補償金額30万円まで)
  • ゆうパケットプラス
  • ゆうパック

「らくらくメルカリ便」や「ゆうゆうメルカリ便」の詳細については、下記の記事をご覧ください。

らくらくメルカリ便とは?使い方や送料、メリット・デメリットなどをご紹介
この記事では、らくらくメルカリ便の利用方法や配送料金、メリット・デメリットを紹介します。メルカリ専用ネコポス・宅急便(コンパクト)が利用可能な「らくらくメル...
ゆうゆうメルカリ便とは?使い方や送料、メリット・デメリットなどをご紹介
この記事では、ゆうゆうメルカリ便の利用方法や配送料金、メリット・デメリットを紹介します。メルカリ専用ゆうパック・ゆうパケット(プラス・ポスト)が利用可能な「...

※ゆうゆうメルカリ便・ゆうパックの取り扱い可能サイズは100サイズまでのため、利用する際はサイズオーバーに気をつけましょう。

ヤフオク!ユーザーは「ヤフネコ!パック」「ゆうパック(おてがる版)・ゆうパケット(おてがる版)」がおすすめ

ヤフオク!の利用者であれば、安価で発送手続きも簡単な「ヤフネコ!パック」や「ゆうパック(おてがる版)・ゆうパケット(おてがる版)」がおすすめです。

「ヤフネコ!パック」や「おてがる版ゆうパック・ゆうパケット」には、規格の異なる配送方法が複数含まれているため、発送する商品によって送り方を変えると良いでしょう。

 

少量のカード類を送るなら、下記の2つがおすすめです。

  • ネコポス(補償金額3000円まで)
  • ゆうパケット

大量のカード類や高額なものを発送する際には、下記の3つがおすすめです。

  • 宅急便コンパクト(補償金額3万円まで)
  • 宅急便(補償金額30万円まで)
  • ゆうパック

「ヤフネコ!パック」や「おてがる版ゆうパック・ゆうパケット」の詳細については、下記の記事をご覧ください。

ヤフオク!の「ヤフネコ!パック」とは?使い方や送料、メリット・デメリットなどをご紹介
この記事では、ヤフネコ!パックの利用方法や配送料金、メリット・デメリットを紹介します。ヤフネコ!パックは、おてがる版ゆうパック・ゆうパケットと並んで一二を争...
ヤフオク!の「おてがる版ゆうパック・ゆうパケット」の使い方や送料、メリット・デメリットなどをご紹介
この記事では、ヤフオク!のおてがる版ゆうパック・ゆうパケットの利用方法や配送料金、メリット・デメリットを紹介します。おてがる版ゆうパック・ゆうパケットは、ヤ...

※ゆうパケットプラス・ゆうパケットポストはメルカリ専用のため、ヤフオク!では利用できません。

クリックポスト・レターパック・ミニレターなども状況によってはおすすめ

クリックポスト|送り状作成や発送手続きをすべて自宅で行える

クリックポストは、厚さ3cm以内の荷物に限られますが、送り状作成・料金支払いなどの手続きをすべて自宅だけで行いたい方におすすめです。

発送もポスト投函でOKなので、自分の好きな時に発送作業を進めたい方におすすめです。

クリックポストとは?使い方や送料、メリット・デメリットなどをご紹介
この記事では、クリックポストの利用方法や配送料金、メリット・デメリットを紹介します。全国一律198円という送料の安さと、自宅で送り状作成や料金支払いを済ませ...

レターパックプラス・ライト|封筒を用意する手間が省ける

レターパックプラス・ライトは、A4サイズ専用封筒に入るゲーム機に限られますが、封筒を用意する手間を省きたい方におすすめです。

レターパックライトは厚さ3cmまでですが、レターパックプラスは厚さ制限がないので、発送するゲーム機の厚さによって使い分けましょう。

レターパックプラス・ライトとは?使い方や送料、メリット・デメリットなどをご紹介
この記事では、レターパックプラス・ライトの利用方法や配送料金、メリット・デメリットを紹介します。A4サイズの専用封筒に荷物を入れるだけという、わかりやすくて...

ミニレター(郵便書簡)|条件を満たせば送料最安値63円で送れる

厚さ1cm以内、重さ25g以内、同封物は紙片状の薄い物という細かい規定がありますが、条件を満たしている商品であれば、63円という破格の安さで送ることができます。

ただし、サイズオーバーをしてしまうと定形外郵便の料金が適用されてしまうため、注意が必要です。メルカリ・ヤフオク!初心者の方には使いづらいかもしれません。

ミニレターとは?使い方や送料、メリット・デメリットなどをご紹介
この記事では、ミニレターの利用方法や配送料金、メリット・デメリットを紹介します。おそらく、ほとんどの方が聞いたことも利用したこともないミニレター。必要に...

カード・シール・チケット・金券などの発送に適した配送方法についてをまとめると……

  • カード類のサイズ・重さ・価格・希少性などに合わせて配送方法を選ぼう
  • とにかく安く送りたいなら定形郵便(84円・94円)で決まり
  • メルカリ・ヤフオク!利用者は、それぞれの専用配送方法を利用しよう
  • 利用頻度は低いがクリックポスト・レターパック・ミニレターでもOK

カード類の配送には、定形郵便を選択することが非常に多いです。追跡サービスや補償制度は標準で付属していないものの、それでも84円・94円という安価で送れるのは魅力的です。

選択肢が多すぎて迷ってしまったら、とりあえず定形郵便を基本の配送方法にしましょう。そして、必要に応じて追跡&補償が付いている配送方法の利用も検討すると良いでしょう。

 

……と、ここまでで様々なおすすめの配送方法を紹介しましたが、これらの配送方法を余すところなく利用するためには、しっかりとした梱包が前提となります。

カード類の梱包方法についての詳細は下記の記事をご覧ください。画像付きでわかりやすく紹介しています。

真似するだけで高評価!「カード・シール・チケット・金券」などの梱包方法を画像付きでわかりやすくご紹介
この記事では、カード・シール・チケット・金券などの梱包方法やそのコツについてをご紹介します。フリマアプリやネットオークションでは、トレーディングカードやシー...

コメント

タイトルとURLをコピーしました